俺があとで読み返すために、やったことや見たものや食べたものなどを記録していくサイトです。

ジョジョ展の複製原画が届きました

昨年の10月にジョジョ展に行ってきたのですが、そのときに買った複製原画がようやく届きました。


ブチャラティファミリーのやつ。


ブチャラティと徐倫のやつ。

なんと2枚も買ってしまいました。自分のような貧乏社会人にはそれなりの「覚悟」を必要とする買い物でしたが、実際に現物を目の当たりにすると「ディ・モールトよし!」としかいいようがないので、これはもうオラオラするしかありませんでした。

何度見ても「あっ! こりゃたまらん! ヨダレ ずびっ!」な逸品です。一生大切にしましょう。

2013年02月13日 23:14日記

「マジックショーからの脱出」に参加しました

Cafe Serreで開催中の「マジックショーからの脱出」に参加しました。

これまで「夜の遊園地からの脱出」「からくり館からの脱出」「ある幽霊船からの脱出」の3公演に参加してきたのですが、いずれも脱出失敗に終わっているっていう、「もうあとがない」という状況のなか、今回も失敗してしまったらいよいよ「そんなに賢くないひと」の名をほしいままにしてしまうため、背水の陣で挑んだ本公演ですが、ついに、ようやく、やっとこさ、脱出することに成功しました。

最後の脱出成功グループを発表するときに自分たちの番号を呼ばれたときは感動でどうにかなってしまいそうでしたね。それほどまでに、ここに至るまでの道程は長く、険しいものだったのです。しかもほかに脱出に成功したグループはいなかったので、単独登頂の達成でもあります。これはちょっと気持ちがよすぎる。主人公にもほどがある瞬間でした。あそこが人生のピークであった可能性も否めず、もうこのあとはなんにも残っていない枯れ果てた人生でも仕方ありません。それくらい達成感がすごかった。

しかし、これまで積み重ねてきたリアル脱出ゲームのノウハウというか、経験値というか、そういうものがあってこその「気づき」に随分と助けられたので、あの手痛い失敗の数々も決して無駄ではなかったのです。やればやるほど「わかって」くるこの感じ、ほんとうによくできているなあと感心しますね。すごい遊びです。

ただ、それ以上によくできていると思ったのは、今回参加したグループのなかで「女のひとがいない」のが自分たちのみ、という愕然とせざるをえない状況のなかで、脱出に成功したのもまた自分たちのみ、ということです。「試合に勝って勝負に負けた」感がすごい。かろうじて「一矢報いた」ともいえますが、おそらくこの矢は彼ら彼女らにはまったく届いていません。この世の中、悲しいことばかりです。

2013年02月10日 23:20日記

打ち始め

2013年になって最初の麻雀を打ちました。

同じ中学に通っていた地元の友人たちが遊びにきたのですが、なかには連絡先も知らないくらいの距離感のひともいて、「なにかの拍子に二人きりになってしまったら、これはちょっと気まずいな」と思ったので、二人きりにならなくて済みそうな麻雀で遊ぶことにしました。これがコミュニケーション能力に欠ける人間の処世術です。

結果のほうですが、「ドヒ~、目も覆いたくなるほどの大惨敗だワイ! 今年もひどい一年になりそうですナ、トホホのホ……」という感じになっていれば、いくらか華やかで彩りのある日記にもなったでしょうが、普通に勝ってしまったので普通に終わります。さようなら。お元気で。

2013年01月27日 23:23日記

「ある幽霊船からの脱出」に参加しました

原宿ヒミツキチオブスクラップで開催中の「ある幽霊船からの脱出」に参加しました。

リアル脱出ゲームに参加するのは今回で三度目なので、これはもう、確実に脱出できてしまうだろうと。積み重ねてきたノウハウがもはや尋常ではないので、主催者が「う、嘘だろ……信じられない、早すぎる……(ジョワ~)(失禁)」となってしまうくらい一瞬で解いてしまうだろうと。そんなことを考えながら挑んだ本公演ですが、結論からいうと脱出失敗しました。

毎回同じようなメンバーで参加しているのですが、序盤に配置されている多くの謎を信じられないくらいの好ペースで解いていくけど、中盤以降のけっこう難しい謎にめちゃくちゃ苦戦してあえなく時間切れ、っていうのがお約束になりつつあるので、「簡単な謎だけ異常に得意だけど、ちょっと捻られるともう駄目なグループ」なようです。主人公っぽくなさがすごい。永遠に脱出できないひとたちです。

しかし、終わったあとの「あ~、解けてたな~! あそこをああして、いい感じにやっていれば、確実に解けていたな~! なんなら半分解いていたな~!」ってなる感じは罠すぎますね。リアル脱出ゲームはリピーター率がおそろしく高いと聞きますが、それも頷ける話です。性懲りもなく2月にまた参加する予定なので、今度こそは、今度こそは。

2013年01月19日 23:57日記

新年

あけましておめでとうございます。

年末年始は「ガキの使い」を見ながらチゲ鍋的なものをつつき、「パンデミック」というおもしろいテーブルゲームをやり倒して朝を迎え、眠くなったので寝て、眠くなくなったので起き、餅を食べ、「格付けチェック」などのなにひとつ得るもののない正月番組を見つつ、また鍋を食べ、「リアル脱出ゲームTV」をクリアしました。

なんていうか、「完璧」っていう言葉が相応しい過ごし方をしてしまいましたね。絵に描いたような、っていうか。THE 年末年始。こういうことを繰り返して年を重ねていくのも案外悪くないのかもしれません。もっともらしいことをいって綺麗にまとめようとする妖怪です。

さて、今年の目標は「Xbox 360の実績10万突破」です。みなさんもご察しのとおり、これはほんとうにつらく厳しい数字です。でも、やってやれないことはない。自分の「可能性」ってやつを信じてみたいと。いまはそう思っています。

今年もよろしくお願いします。

2013年01月01日 21:51日記

性懲りもなく

「そろそろ、かなあ」と自分の中で流れのようなものがきているように感じたので、また日記を書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

2012年12月01日 00:00日記

書いている人

  • おやつ

過去ログ

カテゴリ

やっているやつ